トップページ > 中学生のカリキュラム
中学生のカリキュラム
学習環境の変化や部活動の両立からくる学習の悩みを、一人ひとりの個性、目標に合ったカリキュラムでサポート。高校受験をはじめ、将来を見据えた目標設定を一緒に考えます。
中学部指導を支える3つの柱
01
将来を見据えた目標設定をサポート

勉強、友達、部活動、そして将来の自分…。揺れ動く中学生の心を、現役大学生の講師が中心になって、同じ道を歩んできた先輩としてサポートします。学習面はもちろん、メンタル面においてもよき相談相手になれるのが正学館ならではの個別指導。人生設計を一緒に考え、一人ひとりのより高い目標達成を応援していきます。

02
個別指導+塾トレーニングで学力を強化

個別指導で理解し、確認テストで演習量をこなす…。プリントはA4用紙でレベル別に、実に10万ページ以上が用意され、個別指導での学習診断を基にした個別カリキュラムで指導を行ないます。苦手ポイントの戻り学習や学力の定着を図るトレーニングが塾で思う存分できるため、部活動が忙しくても、効率よく学力アップできます。

03
定期試験解説で、内申点対策はバッチリ!!

中間・期末試験は、事前に対策授業を行い、内申点対策を立てます。普段授業を受けている教科は、目標点を取るために必要な授業数を担当講師が提案。受講していない教科も事前に申し込み、対策授業が受けられます。答案返却後は、詳しく解説を行い、二度と同じ問題でミスしない力を身につけます。

内申対策

部活動が忙しい…。授業に着いていけない…。そんな学習の悩みを、生徒の立場に立ってサポートします。まずは、学習の仕方を見直すとともに、学校の授業の理解に重点を置いた学習をします。つまずきに当たったら、その都度、つまずきポイントに戻り、わかるまで指導します。また、知る喜び、分かる喜びが味わえるよう、良い部分を褒めながら伸ばす指導を心がけています。

たとえばこんな指導をしています。

学校の内容の理解を最優先します。

意味のわからない言葉は辞書を引くところから一緒に行い、勉強するクセを少しずつつけていきます。

わかっただけでは得点できない!!

一度覚えた漢字やことわざ、表現は、実際にどのような場面で使うのかを指導します。

内申・テスト対策もバッチリ!

主語・述語・修飾語等、一文ずつ励ましながら読み進め、読み方の基本を体で覚えます。そして練習問題で応用力をつけていきます。

苦手な単元は毎回、練習を行います。

正学館で先に学習することで、学校の授業が楽しくなるようにします。

戻り学習をします。

つまずくポイントは前学年までの理解に関わることが多いため、思い切って戻り、現在学習中の内容とのつながりがわかるようにします。

高校受験対策

志望校合格を目指して積極的に学習を進めていきます。主に、先取り・応用発展的な問題に重点を置いて指導。また、志望校のレベルに合わせ、知識を必要に応じて使いこなす力を身に付ける他、入試で高得点をとる訓練を繰り返し行います。

たとえばこんな指導をしています。

教科書レベルで、学校よりも先に進度をとります。

理解していることで余裕が生まれ、授業の充実度が高まります。

進度に余裕ができたら応用問題に取り組みます。

覚えた知識を組み合わせて解く訓練をします。

設問のどこに注目し、何を読み取るか等を訓練します。

志望校に合わせた問題を多く解くことで身につけます。

得意な分野・教科はより高いレベルを指導します。

得意科目はより戦力に。苦手な分野・教科は弱点を見つけて補強し、得意科目に近づけます。

中高一貫校生向け対策

照準は国立・私立有名難関大突破!!
早めのスタートで難関大学の現役合格をつかみます!!

たとえばこんな指導をしています。

東進衛星予備校の映像授業で学校の授業の先取りを行います!

進度の早い一貫校の授業をさらに先取り。中学生でも予備校の授業が受講できます。

弱点を得意分野にします。

個別指導を併せて受けられるので、わからないところもしっかり理解できます。

東進衛星予備校

個別指導×東進中学NET

学年や学習範囲を越えて、どこまでもチャレンジできる環境を子どもたちに…。 正学館では、今までの個別指導に東進衛星予備校の中等部で展開する東進中学NETのシステムを取り入れ、子どもたちのがんばる力を応援します。

東進中学NETの詳細はこちら

各種お問い合わせはこちらまで
このページのTOPへ